私の最長練習コース

 岩淵水門から荒川河川敷道路で北上し、ホンダエアーポートを過ぎて太郎右衛門橋を渡り、一般道で栗橋(利根川)経由、境、関宿(江戸川河川敷)、野田、三郷、金町、篠崎水門、葛西臨海公園で荒川河川敷道路へ戻り、岩淵水門を目指す一周コース(180Km位かな)です。
 ただ乗るだけなので嫌になりますが、帰りの時間を意識しながら、食べ物・水の摂取に注意してペース配分を考えなければならないので単独ロングランの練習に最高です。1週間に3回走ったことがあります。
 初めての時は物凄く長く感じましたが、不思議なもので慣れてくると距離は同じなのにどんどん短く感じるようになりますね。
 境大橋でマック、関宿城でラーメンが食べられます。葛西臨海公園まで一気に行きたい時はここで多めに水を用意して下さい。
 南風の強い日は、栗橋から篠崎水門位までかなり難儀します。ケイデンスを下げて、意図的に体を起こして風を受けながら走れば登りの練習になるのでは? いやになると三郷から越谷経由で帰りますけど。

 ※河川敷道路では自販機のある場所が限られ、水の補給に不便しますので多めに携行した方が良いですよ。


いつもの練習コース

 岩淵水門と葛西橋の間を走っています。夏早い時は朝5時頃から走り始めます。思うに、挨拶する顔ぶれが毎回殆ど同じで、すれちがう時の一瞬はとても良いもんです
 年配の方も多く、”みんながんばっているんだなぁ〜”とつくづく考えさせられます。