3.新雪のゲレンデ

基本的に、”深雪”と同じになりますが、あえて違いをつけるならば、ゲレンデに積もった新しい雪と言うことになり、不整地のゲレンデに分類されるでしょう。
スキー板に加える力は、左右に押す力と上下の動きを左右に変換する動きのミックスになりますが、側面からの抵抗を無視すると上手く滑れませんので注意して下さい。
どちらかと言うと、深雪での滑り方を考慮して、側面からの抵抗に対処して下さい。
ただし、あまり上からの押しつけが多すぎると新雪の底にある固められた部分に当たり跳ね返されますので、沈み込む時の圧力を加減して下さい。

続く

2016/03/04 更新