9.ターンの切っ掛け

一瞬ではあるが 2.の板が浮く感覚で 1.の板に体重を加えて下さい。
くるぶしとヒザのねじれ位置を考慮すると同時ではなく、一瞬ではあるが別々に行った方が良い様に思われるからです。

イメージとして、2.の板を自由にする為に板の進むスピードより一瞬速く体が斜め前方谷側へ向かって落ちる動作を行い、体が前に倒れないうちに一瞬 1.の板に乗れば 1.の板は山側の高い位置に動き始めますので 2.の板が遅れないように 1.の板を追いかけて平行に移動させて方向の転換を行えば良いのです。


通常、左右板の加重は常に同じと考えて下さい。イメージとしてですが、図の状態で 1.の板がハンドルで 2.の板がブレーキ?何んですかねえ!!




続く

2016/12/18 更新