9.ターンの切っ掛けと浮力を得ながらの制動

まず最初、一瞬ではあるが 2.の板が浮く感覚??で 最初、1.の板にヒザは伸ばさないで体重を加えて下さい。
同時でも良いのですが切っ掛けを作るために一瞬ではあるが別々に行った方が楽であるかの様に思われるからです。

 イメージとして、図の状態で、2.のスキー板を自由にする為にスキー板の進むスピードより一瞬速く体が谷側へ向かう動作を行い、体が前に行きすぎない内?に 1.のスキー板を矢印の方向にくの字に曲がっているヒザを伸ばせば、 1.のスキー板は山側の高い位置(方向)に向かって動き始めますので 2.のスキー板が遅れない様に 1.のスキー板を追い掛けて2.のスキー板を雪面を撫でるように表面で平行に移動させ、ブレーキを掛けながら方向転換(回し込みターン)を行えば良いのです。
 当然、斜面に対してスキー板の左右方向が入れ替わりますので、遅れないように山側に成るヒザを曲げて、谷側のヒザは伸ばし、入れ替え動作を行い、次のターンの準備を行います。ただし、むやみに押し付けてはだめです。

 図の状態でまず最初に、1.の板がハンドルの役目(方向転換)でブレーキ操作を伴いながら山側へ動き始めると殆ど同時に、2.の板にも同じ役割を持たせて、1.のスキー板を追い掛ける様に寄せていけば良いのです。

 結果、スキー板の速度に関係なくハンドル操作とブレーキ操作をターンの初期から行うことになりますので、斜面での加速が無くなります。
つまり、スキー板の先端が谷へ向く(先落としターン)まで待っていたのでは、スキー板に加速する時間を与えることとなり、その都度、速度制御に余分な労力が必要となります。

<重要>:谷側の板2.が山側の板1.を追い掛けて行く時に、板2.の内側のエッジを浮かせて外側のエッジでひっかく様に減速しながら板1.へ寄せて行くと雪面に対する浮力が増加して沈み込みが激減するので雪質に関係なくターンが簡単になります。

 つまり、減速時には常にスキー板の浮力も考慮すると云うことになります。特にスキー板が上下する雪面においての制動は押すだけでなく、ひっかく動作が浮力を得るために必要になります。悪雪や深雪に対する操作が簡単になりますよ!!

    
*** 先落としターンで新雪は滑れません。***

なぜなら左右の抵抗が多きいのでスキー板は方向転換が出来ません。

    *** 必ず回し込みターンを使用して下さい。 ***


*速度制御は山側のスキー板が山側へ動く時から始まることになります!!
*常に入れ替わる山側と谷側のヒザの曲げ具合は非常に重要です。
*左右スキー板への加重は足の負担を考慮して常に同じ様に行って下さい。
*減速の方法は雪面を押すだけでなく、浮力を得ながらのひっかく動作があります。





2019/6/17 更新